社員食堂(または賄い)で出てきたびっくりメニュー

社員食堂で、こんなに旨いものがでるとはとビックリしたのが、「あつめし」です。

社員食堂(または賄い)で出てきたびっくりメニュー
社員食堂(または賄い)で出てきたびっくりメニュー

社員食堂で…

■ 52歳 女性の場合
社員食堂で、こんなに旨いものがでるとはとビックリしたのが、「あつめし」です。

これは元々、大分県佐伯地方に伝わる漁師たちの賄いで、漁で獲れた魚を豪快に刺身に捌き、醤油・酒・砂糖で漬けにしたものを、熱々のご飯の上に乗せて食べる料理です。
刺身にする魚は、鯛、ブリなどですが、鯖を使っても美味しいのです。
この上に刺身の上に刻みのりや葱、大葉、さらにわさびなどを乗せていくと最高です。

このご飯の上にだし汁をかけたり、お茶を注いだりして食べるのも美味なのです。
人によっては、だし汁やお茶をかけずに卵黄をトッピングして、ワサビをたっぷり効かせてぐちゃぐちゃに混ぜて食べると言う人もいます。この食べ方は、愛媛地方の鯛めしにつながる食べ方と聞いています。
「あつめし」とは、このようなものですが、なかなかお店に出てくるメニューではありません。それが社員食堂で出て来たから、嬉しいやら驚くやらです。
出て来たのは特別な1日だけだったのですが、また食べたいと思うメニューです。

Copyright (C)2017社員食堂(または賄い)で出てきたびっくりメニュー.All rights reserved.