社員食堂(または賄い)で出てきたびっくりメニュー

最近は、社員の健康管理を考えてくれる社員食堂が増えているそうで、とてもありがたいことだと思います。

社員食堂(または賄い)で出てきたびっくりメニュー
社員食堂(または賄い)で出てきたびっくりメニュー

最近は、社員の健康管理を考えてくれる社員食堂が増えてい・・・

■ 50歳 男性の場合
最近は、社員の健康管理を考えてくれる社員食堂が増えているそうで、とてもありがたいことだと思います。社員食堂で思い出に残るメニューは、初めて入った会社の社員食堂のメニューです。

まだ若く、大卒で入った新入社員だったので、食欲旺盛でした。
製造メーカーだったこともあって、社員食堂を利用する人たちも、製造部門工場で働く方たちがいたので、すごくにぎわっていました。
メニューには、唐揚げ定食(特盛り)というのがあり、前から気になっていました。
あまり頼む人がいなかったのですが、若気の至りで頼んでみました。
すると、周りから「えっ」とか「ほんとに」とかの声がちらほら聞こえてきました。

待っていると、御飯がタワーのように盛られた唐揚げ定食が出てきました。
特盛りは唐揚げではなくて御飯か、と思わず突っ込んでしまいました。
それをもらって、席に着くまでの間、どこからともなく拍手が起こりました。

食べ始めましたが、あまりにも御飯が多すぎて、御飯とおかずの量が釣り合わなくて、御飯が余ってしまいます。すると、調理場から「ごめんね、唐揚げの量間違えちゃった」といって、更にもう一皿唐揚げが届きました。
これが特盛りでした。
恐るべし。そうなるともう意地です。
食ってやろうじゃないか、という気持ちになり、ベルトをゆるめかっ込みました。
若かったからできたことです。

でも、正直午後は仕事になりませんでした。
伝説の特盛り唐揚げでした。

Copyright (C)2017社員食堂(または賄い)で出てきたびっくりメニュー.All rights reserved.