社員食堂(または賄い)で出てきたびっくりメニュー

高校生の時から、ずっと飲食店でバイトしていました。

社員食堂(または賄い)で出てきたびっくりメニュー
社員食堂(または賄い)で出てきたびっくりメニュー

高校生の時から、ずっと飲食店でバイトしていました…

■ 46歳 男性の場合
高校生の時から、ずっと飲食店でバイトしていました。
居酒屋とかなら賄いが出るので、お腹いっぱい食べられるし、食費も節約できると思ったからです。

大学生の時、老舗の寿司屋でバイトした事がありました。
そこでは毎日のように、マグロや鯛、ハマチなどの高級魚が賄いとして出てきていました。
と言っても、切り落としを集めたものでしたが。それでも天然物で新鮮だったから、味は絶品でした。

一番驚いたのが、マグロの兜焼きが賄いで出てきた時でした。
兜焼きは見るのも、食べるのも、その時が初体験だったのです。
寿司屋の何周年記念の目玉で、マグロを1匹まるごと購入し、店で解体して出していたのですが、御頭部分は店頭に飾りで見せていたのです。
いくつも御頭が残ったので、兜焼きにして、従業員にもお裾分けしたと言うわけです。

兜焼きの頬の部分の身は、脂も乗っていて、弾力もあり、マグロの中でも貴重で、なかなか食べられない所です。
それをタダで頂けると言うのは、飲食店で働く人の特権です。
マグロの目玉も絶品でした。

ピックアップ

Copyright (C)2017社員食堂(または賄い)で出てきたびっくりメニュー.All rights reserved.